Live aloha spirit❤️ mekoo

mekooのspiritのこと、danceのこと、旅のこと…わたしのとっておきを綴るスペシャルダイアリー

OPEN SESAME!! ひらけごま!④


BROOKLYN.ブルックリン

今や日本でもかなりメジャーになったオシャレな街のイメージがあることと思います。


東京にいると、ブルックリンロゴのキャップやティーシャツやトートバックもたくさん街で見かけます。


わたしが当時、一番はじめにホームステイして半年間住んだのがブルックリン。


場所は海に近い場所だったから、マンハッタンからも地下鉄に30分少し揺られなくてはならない、ちょっと言ってしまえば郊外のようなファミリーゾーンでした。


当時はマンハッタンのダウンタウン周辺、ソーホーやノリータ、などと呼ばれる場所が一番ファッショナブルで

アーティスティックと言われ、

日夜、ニューヨーク中からアーティストの卵や、ビジネスしてる人がカフェタイムを過ごしたり、各々の時間を送っていた場所だったのですが、

それはもう12年以上前のお話。


その頃も、元々、人が安心して住めるような環境ではなかった街に

お金があまりなかったアーティスト達が、当時はその環境の悪さのためにアパートが安かったので、どんどん移り住んでいったのです。

感性豊かなアーティスティスト達が移り住み、自由な表現の一環として

アパートを自分の好きなように改装したり、

壁に素敵なアートペイントを施したり、

ボロボロなアパートの一角を

手を加え、最高にオシャレなギャラリーにしたり。


そうしているうちに、当初は住めるような環境ではなかったその街に、

オシャレなカフェが一軒、二軒。

アーティスティックなブティックが一軒、二軒。

と、次々に個性が個性を生み出し、

それは素敵な街になっていきました。


しかぁ〜し、、、。

そんな素敵な街になって、アパートの家賃も安い!なら、目をつけるビジネスピープルも現れ始めます。

すると、土地の価値が上がり、家賃がぐんぐん上がってしまいました。


そうしたら、今までの家賃でなら住めたけれども、これ以上あがるとアーティストたちは支払いがキツくなり、住むことができないとなり、引っ越しする他に方法がなくなります。

それで、アーティストたちは次なる土地をニューヨークで開拓していくことになるのですが、その地域がブルックリン。


マンハッタンで住む場所はもうなくなり、

橋を渡り、ブルックリンの川沿い奥の倉庫街のような、また、人たちが住むにはすこし危険だったりする場所に。

当然、アパートの家賃も安いですからね。


そうして新たに、自分たちの自由に

好きなようにアパートをリノベートしたり

倉庫を改装して、オシャレなカフェギャラリーやレストランをつくったり。


そうしているうちに、どんどんまた素敵な街に変容していくのでした。


そうやって新しく、ブルックリン・ウィリアムス.バーグ が盛り上がり

ほんとに素敵な街に今回変容しているのを

この目で、身体で体験して味わって

ウィリアムス.バーグが素晴らしいことがわかり、

相当びっくりしました!!


だって、12年前は

ほんのすこしの開拓の段階。

まだまだ、そんなに知られていない、

ちょっと道を逸れると危ない感じの漂う街だったから。


いまでは、銀座みたいに、(ウィリアムス.バーグは東京の蔵前とか言われてるらしい笑)人がショッピングしたり、カフェしたり、公園でのんびりしたり、アートしたり。

そんな風になっています。


街行く人も、みんなとってもセンスのいい、それで個性的なファッションだし、

話してる会話に耳を傾けてみたら、

ヨガで今日はエキサイトした!

とか、

この中で一番身体に優しいシャンプーってどれだろ?

とか、

大好きな音楽について熱く語り合っていたり。

カップルが、今日はあなたの家で美味しい料理を作ろう。

とか。

仕事をしている人も、ほんとにナチュラルな笑顔で働いているのがわかるし、

買い物をしても、店員さんがとっても自然なんですよね。

みーんなイキイキしているんです!

わたしがあるお洋服屋さんで

決めかねている何点かを持ちながらあるいてると、

「この色、キュートね!これ、お店に置いてあったかしら!?こんなキュートなのあったんだ〜!」笑

とか言って、その彼女もう自然でかわいいんです。

だから、「自分のお店にあるもの把握してないの?おかしいよね。」

なんて全く思わずに、わたしも

「あそこの角の棚にあったけど、数少なかったよ!」

なんて返してしまう。


そうして、店員さんと笑って、

ショッピングをますます楽しみます。


日本のおもてなしは素晴らしいものだと思うけれども。


わたしは、こういうナチュラルで気取らないやりとりが好きなので、

この土地にいると、楽しくて仕方ないのです。


そう。

これはブルックリンのみではないことだけども、

こういう自然体でみんながそれぞれの創造をして生きている街が

やっぱりわたしにとって、最高に心地いいから

新しくなったブルックリン。

ますます開拓してみたいと思いました!


Love Brooklyn!!

f:id:mekooaloha:20170712001337j:plain

OPEN SESAME!! ひらけごま!③

f:id:mekooaloha:20170710005525j:plain


今回のニューヨーク🗽への里帰りは、
友人と会うことと、
かつて好きだった場所に行ったら
今、どう感じるのかということが、
私にとっての重要なポイントでした。

12年の月日は、長いの?か。
それは人それぞれだし、
答えはないのだろうけれども、
人が変容するには、たっぷりな時間なのだということを教えてもらったのでした。

ニューヨークは9/11の後、一気に人が少なくなり、
日本人はとにかくめっきり減り、
道々に警察やガードマンがいて、
けっこう殺伐とした場所もありました。

それでも人たちが助け合い、声をかけ合って生きることをその当時の状況から教えられたもので、
わたしが夜道、1人で当時の最寄駅から帰宅するために歩いていると
おばちゃまが優しく声をかけかけてくれて、
「あなた、ひとりでどこまで歩くの?出来るだけ途中までご一緒するわよ。」
と、本当に家のギリギリまで話しながら歩いて帰ってもらったり。
重たい荷物を持って歩いてると
全くの親切な気持ちの持ち主の優しい人(この当時はあやしい人ではない!っていうのを見分けるポイントみたいなのがあったんですよ〜。私なりの笑)が「家の近くまで持つよ」
って、わたしがイェスもノーも答えるその前に、
さっと、その重たい荷物を持ってただ歩いて運んでくれたりしたものでした。

おばあちゃんが杖をついて階段をのぼりくだりしようとしてると、
スッと男性たちは何も言わずに
おばあちゃんをおぶったり、必ず誰かがサポートしていました。

これ、私は東京で体験したことがなかったことだったし、
帰国してからもほとんど見かけたことがないし、体験したことのないシチュエーション。
(わたしは帰国後は出来るだけするようになりました!もちろん!)
たまぁ〜〜には、見かけたことがあったかもしれないですけどね。
ましてや東京で見知らぬ人に、そんな声のかけられかたしたら、ちょっと警戒してしまうのかな。。。

ニューヨークのそんなところの感覚が
今回まったく変わっていなかった!(そりゃそうかもしれないですが)のがやっぱり嬉しくて、わたしも改めてその部分を見つめなおそう!と誓いました。

なんか、自然にレディーファーストだし、
道を譲り合ってあるくし、
ほんとに、自然にそうなんです。
昔から変わらぬ部分。良かった!

一方で、ビルやアパートメントなどは
なんだか思いっきりモダンなものに変わっていたり、流れてる音楽が変わっていたり。
そんな変化はまた、たくさんありました。

あぁ。この場所にこのビル涙、、、。
ああぁ。ブラウンストーン(昔ながらのレンガ造り)が、なんかガラスだらけのモノトーンなビルになっちゃったの、、、涙
などなど。
それにはちょっとさみしかったり、、、。


でも、
街は大きく変わっても、
基本の人たちのその魂のベース、軸の素晴らしい感覚は全く変わっていなくて、
むしろ、9/11からだいぶ経ち、
笑い事や楽しみ事をエンジョイする人たちが圧倒的に増えていると感じました。

同じスマホをいじるのも、みんな表情が豊かすぎて、こっちも楽しくなってしまうような。
地下鉄でスマホゲームしてる人なんて、もう、身体全部使ってやってましたよ笑
しかも、ごっつ〜〜い大人の男性!!
目の前で見てるこっちが可笑しくなってしまいました。

スマホを地下鉄や道端でいじってる人は、まだまだ日本より少ないです。
メールしながら、調べものしながら歩きは
見なかったなぁ、、、。

地下鉄や道では
会話したり、ひとりじっと落ちついていたり、食べたり笑、音楽を聴いたり、本を読んでる人がたくさんいます。

イヤホンマイクをつけて
電話で話し笑いながら外を歩く人はいるけれど。笑

「みんながスマホいじってるから。」
「目が、どうしたらいいかわからないからとりあえずスマホみる」
「電車の中でこそ、仕事。仕事。仕事。」

っていう人がほとんどいなかったように思う。

日本での常識みたいな
「移動中こそ仕事して点数稼がなきゃ」
とか
「電車の移動中にできたことだろう!怒」
とかは全く考えられないことなんですって。

日本のスタイルだから、それがいけないことだという風には思いません。

12年振りに感動の再会を果たしたら、有名大学の教授になっていた!アメリカ人の友人や
ブルックリンにレストランを3店舗経営しているメキシコ人の友人は
「日本人はなんでプライベートタイムも仕事するのか?
1番大切なのは、自分の好きなことしたり、
好きな場所で最高な時間を過ごしてリラックスすることだろう。
日本人、大丈夫?」
って、言います。笑

確かに、ニューヨークにいると、夜の地下鉄やバスにスーツのサラリーマン的な人は乗って来ないし、
夕方くらいになるとヨガマットを持った人や
マラソンファッション、自転車の人が一気に増えて、その切り替えが面白いくらいでした。

わたしもそうなんだけれど、
ずっとパソコンやスマホをみていても、
休まる訳はなくて
ただ、クセみたいに笑やってしまっている。

その時間、リラックスタイムに
好きなことする時間にスイッチしたら
どれくらい充実するんだろうとイメージしたら、笑っちゃうくらいに広がりますよね。

そりゃあ、必要なときはパソコンやスマホを使います!

だけど、とっても素敵なこと忘れていた。
って、思い出しました。

もちろん、何度も言いますが、
日本のスタイルを悪いとかいうわけではなくて、
わたしだって、ニューヨークに住むことがなかったら、日本のスタイルしか知らないから
何の違和感もなくいた訳ですからね。
ただ、ニューヨークでたくさん知ってしまい、体験したので
色々に思うし、感じるのです。

 ニューヨークの人たちに、街に、アフターファイブやプライベートの過ごし方と
私だけのための時間の使い方をみせてもらって、大切なことに気づかせてもらうことができました。

自由の街、ニューヨークの人たちは
自分を楽しませることがとっても上手です。

ありがとう!ニューヨーク!!





OPEN SESAME!! ひらけごま!②

f:id:mekooaloha:20170709190524j:plain


ニューヨークへ降り立ったら、どんな感覚がするんだろう。

 

ちょっとドキドキもするけれど、ワクワク感の方が圧倒的に多いテンションの私は

13時間のフライトも楽しみ切って!、12年ぶりのJFK空港に到着です。

 

飛行機から降り立ったその瞬間に、

「あぁ〜。ここがニューヨークだって知ってるし、大好きなこの匂いだ!」

って、思わず言葉にして表現してしまったほど(笑)

 

あの頃から、少しは成長したはず!の、私の魂と心の状態で、

このニューヨークを感じ切ろう!!と意図をして、

空港からはタクシーやリムジンは使わずに・・・・夫、Kennyはタクシー乗ろう!と一押ししていたけれど・・・・

私の直感であえて、住んでた頃のチョイスの「SUBWAY!」地下鉄!で、ステイ先に向かうことにしました。

そしたらやっぱり、大正解!!!

 

ゆっくり、私の感覚をニューヨークの世界へとチューニングしてくれたのでした。

 

電車ではほぼ、99、9%レディーファーストで嬉しいこと。

お年寄りには、みんなが当たり前のこととして席をゆずること。

ちょっとクレイジー(笑)な乗客が乗り合わせても、誰も騒ぎ立てることなく、

特に害がなければ、警察に通報することもなく、

ただ見守ってその状況を静かに冷静にやり過ごすこと。

重たい荷物を持っている私たちみたいな旅行者などは、先に出入りをさせてくれること。

我先に!!!っていう乗客は、ほとんどいないですからね。

「エクスキューズ」

の精神をみんなが持っていて、

「サンキュー・アプリシエイト」

の気持ちをしっかり互いに伝え合う。

 

そのことが私の生まれた場所、東京には本当に少なく感じます。

例えば、歩いていて後ろからぶつかってきても、混んでいる電車で降りるときに道を開けて欲しくても、ほとんど「無言」のまま。

商業施設のエレベーターを降りるときも我先に降りて、この前なんて私の目の前でおばあちゃまがおじさんに押されて転んでしまって・・・・でも押したおじさんはその場をさっと立ち去ってくし・・・

私は不整脈を持っていたのですが、ある人通りのかなり多い道のど真ん中で息をハーハーさせて、苦しんでしゃがみこんでいても、誰も声をかけて来ず。

駅の通路でおじさんに突き飛ばされて転んで倒れていても、日本人は誰1人として声すらもかけてくれなかった。

そういうときに声をかけてくれたことがあったのは、全員外国人でした。

わたしが声をかけて欲しかった、、、とかそういうのじゃなくて。

そうだった、というお話です。

 

もちろん、そうでない人もごくたまーにいるけれども。


 

そういう部分は、私がたまたまニューヨークに住めたという経験があったからこそわかることだし、知ることができた感覚なんだということが今では理解できます。

ずっと東京にいたら、「これが普通」だったと思うので。


だから、東京が最低!とかは思うことはないけれども。


でも、

やっぱりそういう部分は

その土地とその土地の人の魂の部分が豊かであるかどうか

なんじゃないかと感じます。

お金の豊かさではなくて。

 

その部分を、ゆっくりとSUBWAYで移動することによって

ゆっくり、はっきりと思い出すことができたからよかったです。

 

ニューヨークのバイブレーションを感じることで

私の魂がどんどん喜んで行くというのを

私は私を客観的によ〜〜く観察して

今の私がニューヨークをどう感じるかを思いっきり楽しみました。

 

12年前に感じてたことに、さらに、その間の経験がプラスされて、

以前よりも増して、ニューヨーク、ニューヨーカーがキラキラ輝いて見えてきました。

 

 

 

OPEN SESAME!! ひらけごま!①

私の第2の故郷、New Yoru City。

空港に降り立つと、時間の流れが一気にパシッと切り替わり、

グラウンディングを感じて、「自分」「私」という感覚がはっきりとします。

 

とっても「シャキッ」とする感覚。

とっても「ピシッ」とする感覚。

 

これはとても不思議な、

その土地・その場のエネルギーのサポートあってこそなんだと、私は感じています。

 

ワイ島もカウアイ島もタイランドアリゾナもユタも、どの場所も

それぞれに大好きだし、それぞれに違う風の匂い、違う空気、違う土地の音があります。

そしてそれぞれに違う、特別な感覚を思い出させてくれます。

 

その中の一つ・ニューヨーク・

は私に、

「自分の軸で生きる」

ということを教えてくれて、

「私の本当に好きなんだよ〜!という感覚」

を思い出させてくれる場所です。

 

「〜でなくてはいけない」

「〜しなければならない」

「〜を守らなくてはやってはいけない」

などなどの、様々な私の思い込みの”枠”を思いっきり外してくれる場所です。

 

自分の内から好き!と思える、感じることを自由に選んで、

そのことをしてもいいんだということを教えてくれる場所です。

 

すべての場所において言えることだと思いますが

この感覚ばかりは、その土地土地に実際に行って

実際に経験しないとわからない!!のです。

 

そんなニューヨークに住んでいたわけでなのですが、

帰国したばかりの当時の私は、逆カルチャーショック(笑)のような状態に陥り

そこからなかなか抜け出せず、

あげくには、その状態から抜け出すということをすっかり忘れて、

ぎゅうぎゅうに蓋をして

気づいたら、

「あれ・・・。わたしってなんで生きてるんだっけ?」

「イキイキしてる時の私ってどんなんだったっけ?」

って。

 

息をするのが苦しくて、貧血がひどくなって、体はだるくなって。

 

自分が心から好きと思えることじゃなくても、「好き・・・・かもしれないね・・」

って妥協したりして、「好きじゃなくても好き」って言ってみたりしているうちに

それが形状記憶化されて、蓋はどんどん硬くなっていくばかり。

 

好きじゃないものを好きと言っていた自分に自分で気づけなくなる。

 

そんな状況に自分が陥っているなんて知らずに、

でも、心のどこかには

あの、ニューヨークにいた頃に喜びそのままで生きてた日々の感覚をしまっておいたまんまで。

 

その蓋をあける作業。

 

これもまた、自分でじゃないとできないことですが、

この蓋をあける作業というのは、誰かや何かにサポートしてもらわなくては

なかなか難しいのではないかと思います。

 

私もその作業には、たくさんのサポートをしてもらって

本当に感謝しかないです。

 

そうして、ようやっと蓋をゆるめて開けて出して・・・としていくことで

わたしの12年ぶりのニューヨークへの里帰りは決定しました!

 

私のあの感覚を思い出すこと。

今のこの状態の私がニューヨークで何をどう感じるか。

 

どんどん変化していく私にどんなことが起こるのかは、

知る由もなく(笑)

私は12年ぶりにその大好きな土地へ向かいました。

②につづく。

 f:id:mekooaloha:20170709182656j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アリゾナ&ナバホのチューニング❤️限定ジュエリー!

オーダージュエリーの受付開始です!!


mekoo / miku が旅先のアリゾナ&ナバホのモニュメントバレーで見た色、感じた風のにおい。


アリゾナ&ナバホのチューニングで、

ご依頼主の方にぴったり合うものを、

おひとつおひとつずつ、丁寧に心を込めて

おつくりさせていただきます。


今回は、私が手づくりする

メディス バッグ』

に、全てのジュエリーをお入れしてお届けします。

メディスンバッグとは、ネイティヴアメリカンの人たちが大切な薬草などを入れて首から提げていつも持ち歩いているバッグのことです。

デザインはわたしのこだわりで、麻の布と裏布にはネイティヴアメリカンカラーの布と、コンチョを使用します。

ビンテージのリボンテープをあしらって、

ショルダーの紐は麻紐を編んでおつくりさせていただきます❤️


限定3セットです。(残り1セットです!)


メディスンバッグは、色の組み合わせを選んでいただくことができます。


さらに、ブレスレット&ネックレスは

今回の旅で、素晴らしい色彩に出会い

ターコイズ×ピンク珊瑚

のストーンを使用して、

ご依頼くださった方にぴったりに組み合わせてお届けさせてい

ただきます。


ご希望などありましたら、

ご注文時にお知らせください。



ご注文はメッセージにてお願いします。


oxumareandfriends.☆gmail.com

(☆を@に換えて)





おつくりさせていただきますのが、楽しみです。


いつもどうもありがとうございます😊😘

f:id:mekooaloha:20170601182424j:plainf:id:mekooaloha:20170601182528j:plain


thanks‼︎ mahalo‼︎!


oxumare and friends.   mekoo miku.


アリゾナ&ナバホのメディスンバッグとジュエリー


内容

ハンドクラフトのメディスンバッグ

②ブレスレットまたはネックレス

③ホワイトセージのタリスマン(おまもり)


ブレスレットとネックレス、両方セットでのご注文も可能です。

イヤリングまたはピアスをセットにすることもできます。


料金

ブレスレットのメディスンバッグセット

22,000円(税込)


ネックレスのメディスンバッグセット

24,000円(税込)


ブレスレット&ネックレスのメディスンバッグセット

29,000円(税込)


イヤリング&ピアスは3,000円でお揃いのデザインのものをおつくりさせていただきます。


ひとつひとつ丁寧にチューニングしておつくりさせていただきますために、お渡しできますのが、6月末から7月頭くらいになる予定です。

どうぞよろしくお願いします。


代金のお支払い時期は、ジュエリー完成後のご連絡後とさせていただいています。

お振込などでお支払いいただきましてから、ジュエリーを発送させていただきます。


ご注文後のキャンセルはできません。

予めご了承くださいませ。


以上をご確認いただき、

ご理解いただきましてからのご注文を

よろしくお願い致します。


oxumare and friends.

mekoo miku okaniwa

イベント開催!「いつものわたしに心地いいスパイスを♫」

New Yorkで、ナチュラルなプロポーションづくり、魅力的なあり方を伝授するのスペシャリストとして大活躍中の松本 直子氏を迎えて、
ニューヨークのスパイスがたっぷり♡
最新でスペシャルなeveningのひとときをお届けします。

ニューヨークのプチお土産つきです!

「女性たちが姿勢を変えていくことで、生き方が変わり、日々にまつわる人間的魅力美しさ、健康、人間関係、才能の開花等、多くのことをいかに美しく優雅にパワフルに乗り越えていけるかを学びます」

直子氏の大人気講座を、ぎゅっと凝縮してお届けいたします。

4月中にご予約の方には「早割」の特典もご用意しています。(早割は終了しました)

ニューヨークのカルチャーや食、ビューティー事情、ライフスタイルについても
リアルなニューヨーカーだからこそ知っているたくさんのことにもお答えして行きますので、事前にお聞きになりたいことがありましたら、メッセージにてお受けいたします

いつものあなたに、ちょっとのスパイスをたしてあげる♡
そんな自分へのギフトの時間をご一緒に!!

ぜひ、このチャンスにご参加下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「いつものわたしに、心地いいスパイスを♫」

●表現スペース4
東武亀戸線東あずま駅」より徒歩2分
墨田区立花3-2-1

●タイムスケジュール
5月21日(日)17時〜21時

①17時〜 (残席1です!)
ニューヨークスタイル!スパイス料理とスパイシーな座談
・オリジナルにブレンドしたメキシカンスパイスを使ったお料理。(キヌアサラダとメキシカンスパイスのチリコンスープの予定)
今回はニューヨークスタイルを取り入れて、ベジタブルなスペシャルディナーをご用意。
からだのこと、魅力的な自分自身であるためには?などなどのお話と普段の生活で取り入れることのできるプロポーションの保ち方を伝授します!


②・19時30分〜 
Naokoのスペシャルワークショップ「ナチュラルな美しい自分の魅せ方・」+Mekooの「スピリット講座番外編」

・20時30分〜 ダンスパフォーマンスライブ

Naokoによる自身の大人気講座の披露!
ナチュラルなからだの使い方を外(肉体)からも内(心)からもアプローチするレッスンとMekooの大人気、「スピリット講座」を交えたスペシャルなワークショップ。
ラストにはダンサーの2人によるダンスパーフォマンスライブもお届けいたします。

21時 終了
Thanks!!!

定員 13名様(増席しました。あと1名さまです!)

●料金
①のみ参加 6,000円
②のみ参加 6,500円

①&②両方参加 10,000円

*お申し込みは
ッセージにてお願い致します。
 
お申し込み先メールアドレス
 
mokumiku☆gmail.com
 
・☆を@に変えて送信してください。
 

*お申し込みの後、お振込のご案内をメッセージにてご案内させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
松本直子プロフィール

姿勢・ランウェイコーチ/アレクサンダーテクニック教師
Movement Republic Inc 主宰

NY在住。個人指導をはじめ、現在演劇学校での授業、NYファッションウィークでのランウェイコーチを務める。アレクサンダーテクニックを基本に、人間本来の意識と感覚で時代を生き抜くための美しい生命力を宿す姿勢レッスンを展開中。

アレクサンダーテクニックとは?
100年来、欧米で支持され続けている姿勢法。
シェイクスピア劇の俳優をしていた
F.M.Alexander により創り出されたテクニックで、
一時的な矯正やエクササイズを超えて、人間本来の感覚と意識で長年の癖や緊張から解放される身体教育です。
「必要なことを身につける」のではなく
「不必要なことをやめる」コンセプトの元、
無駄なく身体がデザイン通りに動き出し、継続可能な姿勢美が身につきます。

また、単なる姿勢法に留まらず医療、心理学、パフォーミングアーツ等あらゆる分野に応用できる身体の再教育としNew York Times、Vougue、London Medical Journal等広く紹介され、
ジュリアード音楽院、NY大学等では必須科目として取り入れられています。

”Posture in Grace" では、アレクサンダーテクニックを基本に、女性たちが姿勢を変えていくことで、生き方が変わり、日々にまつわる人間的魅力美しさ、健康、人間関係、才能の開花等、多くのことをいかに美しく優雅にパワフルに乗り越えていけるかを学びます。

FB https://www.facebook.com/naoko.matsumoto.3705
ブログ http://ameblo.jp/naokolita/
Lesson for Posture in Beauty Alexander Technique

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●キャンセルポリシー
通常、お申し込み後のキャンセルいたしかねますが、
以下のとおり設定させていただきます。

*キャンセル料金
お申し込み日〜5月10日まで 参加費の30%
5月11日〜前日まで 参加費の50%
当日キャンセル 100%
・キャンセルの際は手数料として1000円頂戴致します。ご了承ください。

主催 Mekoo Miku Okaniwa
ファシリテーター ・Naoko Matsumoto/松本直子 from NYC ・Mekoo/岡庭未来 from East Tokyo

協力 otototabby(スパイスな料理)
 

おっきくジャーンプ!の前の助走❤️

春の匂いがあちらこちらから漂いはじめてきていて、

寒さと暖かさが毎日入れ替わる。


こんな時期だからこそ、自分の立ち位置、

自分がどう在りたいのかを確かめさせられることがあるのではないかなぁと感じます。


わたしを含めて、わたしの周りの人たちも

なんだかそんな状況だったりしていて。


スピリット講座でやっているある課題がありますが、

しっかり向き合った分だけおっきくジャーンプできるのだなと毎日教えてもらっています。


わたしがお手本にさせていただいている、それはそれは素敵な方がいらっしゃるのですが、

その方の立ち振る舞いを見させていただいていると、自分が選んだ全ての事に対して

決してあきらめない。妥協しない。

自分の直感のみを頼りにする。

こんな感じなんですよね。


わたしも大分真似をして(笑)、

2年くらいやっていますが、ほんとに紙一重だあなぁって、近頃感じます。


自分が選んだことがあるとします。

その、選んだことは今だかつてやり遂げたことのない、未知なる領域のこと。

でもそれをやり遂げられたらって想像してみると、ワクワクするしハートがキュンキュンすることなんです。

で、それに対して様々に取り組みはじめていきます。

そうすると、

「でも、、、、。」

が、でてきたりします。

「、、、、。」

の部分は、

「やっぱりわたしに見合うことではないからできない。」

「お金が足りないからやめたい」

「仕事が休めないから無理」

などなど。(笑)


新しい領域へ行く事に対する

抵抗(わたしはお試し問題の罠(笑)ってよんでいますが、)がにょきにょきでてくるんです。


それ以外にも、自分を今までの領域に引き戻すためのアレやコレ!が。

例えば、ふとした時にお友達から一言

「やっぱりさ、私たちにはそれはまだまだレベルが高すぎる事だよ。だから今までのやり方を淡々とやるべきなんじゃない」

みたいな。

または、これまでの自分のパターンをしている人に出くわし、その人をみて、「不安」や「恐れ」がにょきにょきでてくる。

だから新しい領域に行くことはやっぱり不安だからやめたい。となる。


そこ!!!!


そこなんです^ - ^


それがジャーンプのまえの助走の部分で

助走に不安や恐れや過去のパターンに戻る

なんてことをしたら

ジャーンプ!は残念ながら、まぼろしに消えてしまいますよね。


不安だらけで助走したら、飛べるわけないです❤️


そのトリックに強い心を持ち、

自分の好きだけを選び、そこにチューニングしているようにすること。


その状態から外れることなく、助走に一切の不安や恐れを持ち込まなければ

ジャーンプ!!大成功!!!

となるんです。


ふぅ〜〜っ。


頑張ることがとても大切なんですね。


春のこの切り替わりの時期を

楽しみ切って、頑張って!

大きくジャーンプ!!!

して、さらなるワクワクな春、夏を迎えたいものです(o^^o)


スピリット講座では、こんな感じのことをみんなで話して、向き合っていくことをしていきます!

次回は四月に開催予定です。


ではでは!

aloha&mahalo❤️


f:id:mekooaloha:20170309084342j:plain


●ダンスレッスン・ワークショップ●


●スピリットダンスクラス●

〜女神ダンサーズ〜

月2回、平日夜(火or木or金)19:00〜20:30

場所・表現スペース4(墨田区東あずま東武亀戸線東あずま駅から徒歩すぐ)

*レッスン日はお問い合わせください!!!

お問い合わせ mokumiku★gmail.com    (★を@に変えて)

 

●アフロブラジルダンスクラス●

〜オリシャダンス・ムーヴメント〜

毎週月曜日 18:20〜19:15

場所・ヒラソル銀座ダンススクール(東銀座駅から徒歩3分)

*ヒラソル銀座のホームページをご覧ください

 

●ニューヨークの女神になる!リトリート

2017年11月開催


●スピリット講座●

2ヶ月に1回 平日夜 19:00〜21:30

場所・表現スペース4(墨田区東あずま東武亀戸線東あずま駅から徒歩すぐ)

*詳細をお知りになりたい方はお問い合わせください。